似た言葉

『観察』と『洞察』の違い、意味、使い分け方は?

早速ですが、皆さんは『観察』と『洞察どうさつ』の違いを正しく理解できていますか?

今回の類義語シリーズでは、この違いについて理解を深めていくことにしましょう。

『観察』の意味・使い方

『観察』の意味は、”ものごとの状態や変化を、客観的に注意深く見ること”です。

特に”客観的”という部分が重要で、要するに”じっくり見るだけで深く考えない”ということです。

それでは例文をチェックしてみましょう!

  • 自然現象を観察する。
  • 鋭い観察力。

『洞察』の意味・使い方

『洞察』の意味は、”ものごとを観察し、本質や根底にあるものを見抜くこと、見通すこと”です。

『洞察』は『観察』を行うことで成立するもので、『観察』から得た情報を元に”考える”ことで『洞察』となります。

先ほどの例文で出てきた「自然現象を観察する」で考えてみましょう。

『観察』の場合だと、起きた自然現象を”じっくり見る”だけです。

しかし『洞察』に置き換えた場合、なぜその自然現象が起きたかを”考えている”と捉えることができるのです。

繋がりはありますが、使い方次第で意味はガラリと変わることに注意しましょう。

それでは例文チェックです!

  • 人間の心理を洞察する。
  • 鋭い洞察力。

まとめ

いかがでしたか?

『観察』と『洞察』のポイントをおさらいすると、以下のようになります。

photolibrary

「完璧!」という方は以下のバナーもクリックしていただけると励みになります!

ブログランキング・にほんブログ村へ

-似た言葉

© 2021 LANGUE(ラング)