同音異義語

『重症』と『重傷』の違い、意味、使い分け方は?

皆さんは「ジュウショウ」という言葉に使われる漢字を正しく理解しているでしょうか?

今回の同音異義語シリーズでは、『重症』と『重傷』の違いや意味、使い分け方について解説していきます。

『重症』の意味・使い方

『重症』の意味は、”病気や症状がひどくなること”です。

そのため、使い分けるという意味では「病気」に対して使うのが一般的です。

ただ、消防庁の定義では”全治3週間以上で、入院が必要な病気や怪我”となっているため、事故による怪我などにも『重症』を使う場合があることを覚えておきましょう。

ちなみに、入院は必要であるものの重症ではない場合は『中等症』、入院を必要としない病気、怪は『軽症』とされています。

また、『重症』は身体的な症状だけでなく、比喩的な意味を込めて「恋わずらい」などの精神的な症状にも使われます。

それでは例文チェックです!

  • インフルエンザの重症者数。
  • 今回の失恋は、かなり重症のようだ。

『重傷』の意味・使い方

『重傷』の意味は、”程度の重い傷、大怪我”です。

『重傷』は警察庁が定義しており、”命に別状がない全治30日以上の怪我”となっています。

注意したいのは、『重症』が病気や怪我を指していたことに対し、『重傷』は怪我のみを指しているという点です。

したがって、「インフルエンザが重傷化する」といった使い方は間違いとなります。

ちなみに、全治30日未満の怪我のことを「軽傷」といいます。

それでは例文をチェックしてみましょう!

  • 事故で重傷を負う。
  • 全治3ヶ月のひざの重傷

まとめ

いかがでしたか?

『重症』と『重傷』のポイントをおさらいすると、以下のようになります。

photolibrary

「完璧!」という方は以下のバナーもクリックしていただけると励みになります!

ブログランキング・にほんブログ村へ

-同音異義語

© 2021 LANGUE(ラング)