似た言葉

『来週』『翌週』『次週』の違い、意味、使い分け方は?

早速ですが、皆さんは『来週』『翌週』『次週』の違いを正しく理解できていますか?

今回の類義語シリーズでは、この違いについて理解を深めていくことにしましょう。

『来週』の意味・使い方

『来週』の意味は、”今の時点から見た次の週”です。

重要なのは”今の時点”という部分で、つまり「今週」の次というのが『来週』となります。

したがって、文頭から「来週は〇〇がある」と表現しても意味は通じます。

例文

  • 来週にテストを控えている。
  • 期限は来週までだ。

『翌週』の意味・使い方

『翌週』の意味は、”ある時点から見た次の週”です。

『来週』と異なる部分として、『翌週』では”ある時点”を指しているため、必ずしも”今”ではなく、過去や未来を指している場合があることに注意が必要です。

したがって、「〇〇の翌週は△△がある」と、『翌週』の前には起点となる時期が入ることを覚えておきましょう。

例文

  • 冬休み明けの翌週にテストがある。
  • 先週の翌週は今週だ。

『次週』の意味・使い方

『翌週』の意味は”次の週”で、『来週』とほぼ同義となります。

基本的にはどちらを使っても問題はありませんが、『次週』は以前にも同様のことを行っていた場合や、不確定要素が多いときに使われがちです。

例文

  • 次週の番組予告。
  • 次週も店を予約しておきます。

まとめ

いかがでしたか?

『来週』『翌週』『次週』のポイントをおさらいすると、以下のようになります。

photolibrary

「完璧!」という方は以下のバナーもクリックしていただけると励みになります!

ブログランキング・にほんブログ村へ

-似た言葉

© 2021 LANGUE(ラング)