同音異義語

『超す』と『越す』の違い、意味、使い分け方は?

皆さんは「コす」という言葉に使われる漢字を正しく理解しているでしょうか?

今回の同音異義語シリーズでは、『習う』と『倣う』の違いや意味、使い分け方について解説していきます。

『超す』の意味・使い方

『超す』の意味は、”数量や程度がある基準を上回ること”です。

何かを「上回る」という感覚で捉えると、分かりやすいかもしれません。

ただし、場所や時間には当てはまらないことを注意しましょう。

例文

  • テストで80点を超える
  • 人々の予想を超える
  • 世界記録を超える

『越す』の意味・使い方

『越す』の意味は、”場所や時間、障害を通って先に行くこと”です。

こちらは、何かを「通り過ぎる」という感覚で捉えると、分かりやすいかもしれません。

例文

  • 国境を越える
  • 年を越す
  • ハードルを越える

もっと詳しく

シンプルなようで、実は難しいのが『超す』と『越す』の使い分けです。

例えば、「Aさんを追いこす」という文章の場合、一見すると「Aさんを上回る」として『超す』だと思いがちですが、実際は「Aさんの”場所”をこす」ため『越す』が正しい使い方となります。

一方で、「国境をこえる」という文章の場合、「国境という”場所”をこえる」ため『越える』が一般的ですが、対立していた国同士が協力するような場面では「国境という”枠組み”をこえる」ため、『超える』と使われる場合もあります。

他にも、年齢では「〇〇歳を超える」と表現するのが一般的ですが、人生を坂に例えることで「〇〇の坂を越える」とする表現もあります。

”何”を「コしている」のか、安易に判断すると間違ってしまうかもしれないことに注意しましょう。

まとめ

いかがでしたか?

『超す』と『越す』のポイントをおさらいすると、以下のようになります。

photolibrary

それでは最後にテストで復習しておきましょう!

テスト(全5問)

【第1問】都会に引っコす

  • 越す
  • 超す

正解!正解!

不正解!不正解!

越す

「引っこす」とは「場所」を移すことであるため、『越す』が正解。


【第2問】時速150kmをコえるストレート。

  • 越える
  • 超える

正解!正解!

不正解!不正解!

超える

時速150kmという「数字を上回る」ため、『超える』が正解。


【第3問】冬をコえて春が訪れる。

  • 越えて
  • 超えて

正解!正解!

不正解!不正解!

越えて

冬という「時間を通る」ため、『越えて』が正解。


【第4問】人知をコえた領域。

  • 越えた
  • 超えた

正解!正解!

不正解!不正解!

超えた

「人知=人間の能力」という「程度を上回る」ため、『超えた』が正解。


【第5問】逆境を乗りコえる

  • 越える
  • 超える

正解!正解!

不正解!不正解!

越える

逆境という「障害を通る」ため、『越える』が正解。


「完璧!」という方は以下のバナーもクリックしていただけると励みになります!

ブログランキング・にほんブログ村へ

-同音異義語

© 2021 LANGUE(ラング)