似た言葉

『以来』と『以降』の違い、意味、使い分け方は?

早速ですが、皆さんは『以来』と『以降』の違いを正しく理解できていますか?

今回の類義語シリーズでは、この違いについて理解を深めていくことにしましょう。

『以来』の意味・使い方

『以来』の意味は、”過去のある時点から今に至るまでのずっと”です。

注意すべき点は、”未来を指すときには使われない”ということです。

例として、「○時以来に集合」とは言いませんね。

例文

  • 正月以来ずっと禁煙をしている。
  • 同級生と卒業以来の再会を果たす。

『以降』の意味・使い方

『以降』の意味は、”ある時点から先”です。

『以来』と似ているようにも見えますが、『以降』は”未来を指すときにも使われる”というのが大きな違いです。

もちろん、過去から先のことを表現する場合にも使われますが、主に「日にち」や「時間」を指すときに使われることが多いことも覚えておきましょう。

例文

  • 14時以降に集合してください。
  • 昨年以降、彼は成績不振に悩まされている。

まとめ

いかがでしたか?

『以来』と『以降』のポイントをおさらいすると、以下のようになります。

photolibrary

「完璧!」という方は以下のバナーもクリックしていただけると励みになります!

ブログランキング・にほんブログ村へ

-似た言葉

© 2021 LANGUE(ラング)