同音異義語

『一人』と『独り』の違い、意味、使い分け方は?

皆さんは「ヒトリ」という言葉に使われる漢字を正しく理解しているでしょうか?

今回の同音異義語シリーズでは、『一人』と『独り』の違いや意味、使い分け方について解説していきます。

『一人』の意味・使い方

『一人』の意味は、”人数が1であること”です。

「ひとりの人間」というのを”ただ単純に”伝えたいだけであれば、『一人』と表現すれば十分でしょう。

例文

  • 部屋に一人だけ居る。
  • 彼は大事な一人息子だ。
  • 乗客の一人に話しかける。

『独り』の意味・使い方

『独り』に意味も、”人数が1であること”ですが、こちらは”1という数字を強調したい”場合に使われる表現です。

自分”だけ”ということを読み取ってもらいたい場合は、『独り』を使うといいでしょう。

ただし、『独り』という表現は「孤独」という言葉もあることから”寂しさ”を連想させるため、「独り暮らし」などと表現すると「ひとりでポツンと寂しく生活している」と読み取られる可能性があることに注意が必要です。

また、『独り』は数字に限らず、「独立」や「独力」という言葉があるように”他の人の力を借りず、自分だけでする”という意味もあります。

赤ちゃんの「ひとり歩き」や、スポーツ選手の「ひとり相撲」などと表現するときは、『独り』と表現するようにしましょう。

例文

  • 昼を独りで過ごす。
  • 独りで悩む必要はない。
  • 相手ピッチャーの独り相撲。

まとめ

いかがでしたか?

『一人』と『独り』のポイントをおさらいすると、以下のようになります。

photolibrary

「完璧!」という方は以下のバナーもクリックしていただけると励みになります!

ブログランキング・にほんブログ村へ

-同音異義語

© 2021 LANGUE(ラング)