同音異義語

『制作』と『製作』の違い、意味、使い分け方は?

皆さんは「セイサク」という言葉に使われる漢字を正しく理解しているでしょうか?

今回の同音異義語シリーズでは、『制作』と『製作』の違いや意味、使い分け方について解説していきます。

『制作』の意味・使い方

『制作』の意味は、”芸術的なものをつくること”です。

アイデアや表現力が求められる絵画や音楽、映像作品などが「芸術的なもの(アート)」に当てはまります。

アニメや番組などを作る会社は「制作会社」と表記されますね。

例文

  • 近代に制作された肖像画を鑑賞する。
  • 番組の制作スタッフを確認する。

『製作』の意味・使い方

『製作』の意味は、”実用的なものをつくること”です。

「実用的なもの」と「芸術的なもの」の大まかな違いは、実用的なものが”物理的に使われるもの”で、芸術的なものが”精神的に使われるもの”と覚えるとよいでしょう。

例えば、筆記用具や車などは物理的に使われるものであるため、これらを作る場合は『製作』が正しい使い方となります。

また、『製作』されたものは「製品」と呼ばれるようになります。

そのため、道具や機械などを使って「製品」を生み出す会社は「製作会社」と表記されていますね。

例文

  • 家具を製作する。
  • 商品の製作過程。

同じ文でも…

『制作』と『製作』は、使い方によって意味が変わってしまう文があることに注意しましょう。

例えば、「映画をセイサクする」と表現する場合です。

『制作』とすれば、映画作品そのものをつくり上げることを意味しますが、『製作』とすれば、映画を商品として市場に出すという意味になります。

また、「アニメの製作委員会」などで使われる『製作』は、資金調達や流通に協力してくれた企業や個人の集まりのことを指します。

したがって、『製作』と使う場合は”ビジネス的”な意味合いが強くなることも覚えておきましょう。

人の心に訴えかける”アート”として作るのか、人の手にとってもらう”品”として作るのか、そのあたりをしっかり見極めなければなりません。

まとめ

いかがでしたか?

『制作』と『製作』のポイントをおさらいすると、以下のようになります。

photolibrary

それでは最後にテストで復習しておきましょう!

テスト(全3問)

【第1問】医療機器をセイサクする。

  • 製作
  • 制作

正解!正解!

不正解!不正解!

製作

医療機器は「実用的なもの」であるため、『製作』が正解。


【第2問】セイサクした絵画を美術館に寄贈する。

  • 製作
  • 制作

正解!正解!

不正解!不正解!

制作

絵画は「芸術的なもの」であり、商品として出すわけでもないため、『制作』が正解。


【第3問】卒業生たちによる卒業セイサク

  • 制作
  • 製作

正解!正解!

不正解!不正解!

制作

卒業の記念としてつくり上げる「芸術的なもの」であるため、『制作』が正解。


「完璧!」という方は以下のバナーもクリックしていただけると励みになります!

ブログランキング・にほんブログ村へ

-同音異義語

© 2021 LANGUE(ラング)