似た言葉

『儲ける』と『稼ぐ』の違い、意味、使い分け方は?

早速ですが、皆さんは『及び』と『並びに』の違いを正しく理解できていますか?

今回の似た言葉シリーズでは、この違いについて理解を深めていくことにしましょう。

『儲ける』の意味・使い方

『儲ける』の意味はいくつかありますが、ここでは「お金を儲ける」という表現で使われる『儲ける』を解説します。

『儲ける』の意味は、”思いがけない利益で得をすること”です。

いわゆる「Lucky(幸運)」ですね。

基本的に自身の努力を必要とせずに利益を得るため、宝くじや株、ギャンブルなどで利益を得たときに『儲ける』と表現するのが正しい使い方です。

例文

  • 競馬予想が的中して儲ける
  • オリンピックの影響で儲かった

『稼ぐ』の意味・使い方

『稼ぐ』の意味は、”働いてお金を得ること”です。

『儲ける』とは逆の意味であるため、一生懸命働いて得た給料などに『稼ぐ』が使われます。

ただし、株やギャンブルなどでも、継続的に利益を得ている場合は「Lucky(幸運)」だけではないので、『稼ぐ』でも当てはまることがあります。

例文

  • 生計を立てるために稼ぐ
  • アルバイトをして学費を稼ぐ

まとめ

いかがでしたか?

『儲ける』と『稼ぐ』のポイントをおさらいすると、以下のようになります。

photolibrary

「完璧!」という方は以下のバナーもクリックしていただけると励みになります!

ブログランキング・にほんブログ村へ

-似た言葉

© 2021 LANGUE(ラング)