同音異義語

『意思』と『意志』の違い、意味、使い分け方は?

皆さんは「イシ」という言葉に使われる漢字を正しく理解しているでしょうか?

今回の同音異義語シリーズでは、『意思』と『意志』の違いや意味、使い分け方について解説していきます。

『意思』の意味・使い方

『意思』の意味は、”何かをしようとするときの元となる心持ちのこと”です。

「思想」や「考え」といった気持ちそのものを指す場合は、『意思』と表現するようにしましょう。

例文

  • 自分の意思で行動する。
  • 相手と意思の疎通を図る。
  • 上司の誘いを断る意思表示。

『意志』の意味・使い方

『意志』の意味は、”何かを行いたい、または行いたくないという精神的な働きのこと”です。

何らかの物事に対して「〇〇をしたい」あるいは「〇〇をしたくない」という気持ちが読み取れる場合は、『意志』と表現するようにしましょう。

個人の意向がハッキリと示された言葉であり、「決意」と同じような意味でもあります。

例文

  • 意志の固い決断を下す。
  • 意志の弱い人は、周りに流されやすい。
  • 夢を追う自分の意志を貫く。

同じ文でも…

『意思』と『意志』は、同じ文でも意味が成立してしまう場合があります。

例として、「参加のイシがある」の場合で考えてみましょう。

「参加の意思がある」と表現した場合、その人は「参加する考えを持っている」という意味になります。

一方で「参加の意志がある」と表現した場合、その人が「参加したい」と望んでいるという意味になります。

文によって、それが単純な思想や考えを指しているのか、人の強い意向を指しているのか、しっかり判断しなければなりません。

まとめ

いかがでしたか?

『意思』と『意志』のポイントをおさらいすると、以下のようになります。

photolibrary

「完璧!」という方は以下のバナーもクリックしていただけると励みになります!

ブログランキング・にほんブログ村へ

-同音異義語

© 2021 LANGUE(ラング)