似た言葉

『規定』『規程』『規則』『規約』の違い、意味、使い分け方は?

早速ですが、皆さんは『規定』『規程』『規則』『規約』の違いを正しく理解できていますか?

今回の似た言葉シリーズでは、この違いについて理解を深めていくことにしましょう。

最初に知っておきたいこと

『規定』『規程』『規則』『規約』とは、いずれも別の言葉で言い換えれば「ルール」でまとめることができます。

これらの言葉の違いは、「ルール」がどのようにまとめられているのか…という違いであることを知っておくと、簡単に理解できるようになります。

『規定』の意味・使い方

『規定』の意味は、”物事を一定の形に定めることや、その個々の内容のこと”です。

例えば、当サイトのプライバシーポリシーもいくつかのルールによって分けられていますが、その全てを『規定』とは表現しません。

免責事項であればその文だけが、著作権であればその文だけが…というような「個々」のルールのことを『規定』と表現することを覚えておきましょう。

例文

  • 規定された時間を守って行動する。
  • 第○条の規定により失格とする。

『規程』の意味・使い方

『規程』の意味は、”一定の目的のために定められた一連の条項のこと”です。

いくつかのルールを「まとめた」ものが『規程』であるため、言い換えれば、いくつかの『規定』によって成立したルールが『規程』であると表現することができます。

当サイトでは、プライバシーポリシーそのものが『規程』であるということですね。

例文

  • 作業規程を遵守して仕事をする。
  • 図書館の貸し出し規程

『規則』の意味・使い方

『規則』の意味は、”行為や手続きが、それに基づいて行われるように定めた決まりのこと”です。

基本的に『規則』は『規程』とほぼ同じ意味ですが、「就業規則」などのように『規則』の中に『規程』がある場合も存在します。

例文

  • 交通規則を守って運転する。
  • 規則に基づいた行動。

『規約』の意味・使い方

『規約』の意味は、”団体内で協議して決めた規則のこと”です。

皆で話し合って決めるわけですから、しっかりと検討された『規則』…というような意味合いにもなりますね。

例文

  • 組合規約を制定する。
  • 当社の規約では認められていません。

まとめ

いかがでしたか?

特に『規定』と『規程』は読み方も同じですが、ルールの範囲が異なるため、使い方には注意が必要です。

個々のルールを指しているのか、まとまったルールを指しているのか、そのルールは話し合って決まったのか…といったことを、しっかり判断して使い分けるようにしましょう。

『規定』『規程』『規則』『規約』のポイントをおさらいすると、以下のようになります。

photolibrary
photolibrary

「完璧!」という方は以下のバナーもクリックしていただけると励みになります!

ブログランキング・にほんブログ村へ

-似た言葉

© 2021 LANGUE(ラング)