似た言葉

『改革』『変革』『革命』『改善』の違い、意味、使い分け方は?

早速ですが、皆さんは『改革』『変革』『革命』『改善』の違いを正しく理解できていますか?

今回の似た言葉シリーズでは、この違いについて理解を深めていくことにしましょう。

『改革』とは

意味

『改革』の意味

基盤は維持しつつ、社会制度や機構・組織などをあらため変えること。

由来




あらためる。やめて新しくする。よくなるように直す。

あらたまる。あらためる。新しくする。


解説

『改革』と表現する上で特に注意したいのが、”基盤を維持しつつ”という部分です。

良い部分は残して、悪い部分に変化を働きかけるということを覚えておきましょう。

例文

例文

  • 組織内の改革を行う。
  • 社会制度の改革を求める。
  • 歴史上の改革者から学ぶ。

『変革』とは

意味

『変革』の意味

物事を変えて新しくすること。また、変わること。

由来




かえる。違ったようにする。違うものにする。動かす。

あらたまる。あらためる。新しくする。


解説

『改革』が基盤を維持しつつ変えていたのに対して、『変革』は”全てを変化させること”を指しています。

良い部分も、悪い部分も関係なく、一からやり直すという感覚で覚えておきましょう。

例文

例文

  • 意識の変革から始める。
  • 組織の変革によって業績が伸びる。
  • 業界の大変革期を生き延びるためには――。

『革命』とは

意味

『革命』の意味

支配者階級が握っていた国家権力を被支配者階級が奪い取って、政治や経済の社会構造を根本的に覆す変革。

既成の制度や価値を根本的に変革すること。

由来




あらたまる。あらためる。新しくする。

天のさだめ。めぐり合わせ。運命(うんめい)。天命(てんめい)。


解説

大雑把に言えば『変革』ですが、地位の低い者が高い者を打倒するときに関しては『革命』という表現が当てはまります。

また、物事全体がガラリと大きく変化するときにも『革命』と表現することができ、主に「産業革命」や「思想革命」のように使われます。

例文

例文

  • 政府に対して革命を起こす。
  • 学生による革命運動。
  • スマートフォンは革命的な発明だ。

『改善』とは

意味

『改善』の意味

物事をよい方に改めること。

由来




あらためる。やめて新しくする。よくなるように直す。

よく。よくする。立派に。みごとに。


解説

『改善』は『改革』とほぼ同じような意味に見えますが、この2つには根本的に大きな違いがあります。

それは”現状をポジティブに捉えているか、ネガティブに捉えているか”という違いです。

『改善』の場合は、現状をポジティブに考えた上で変化を促すことであり、「今も良いけど、もっと良くしよう」という意味合いを持っています。

一方、『改革』の場合は、現状をネガティブに考えた上で変化を促すことであり、「今が良くないから、もっと良くしよう」という意味合いを持っています。

この2つの違いは正反対であるため、状況に応じて使い分けることができるようにしましょう。

例文

例文

  • 労働条件を改善する。
  • 設備に様々な改善を施す。
  • この技術には改善の余地がある。

まとめ

いかがでしたか?

『改革』『変革』『革命』『改善』の意味をまとめると、以下のようになります。






基盤は維持しつつ、社会制度や機構・組織などをあらため変えること。

物事を変えて新しくすること。また、変わること。

支配者階級が握っていた国家権力を被支配者階級が奪い取って、政治や経済の社会構造を根本的に覆す変革。

既成の制度や価値を根本的に変革すること。

物事をよい方に改めること。



「完璧!」という方は以下のバナーもクリックしていただけると励みになります!

ブログランキング・にほんブログ村へ

-似た言葉

© 2021 LANGUE(ラング)