同音異義語

『収束』と『終息』の違い、意味、使い分け方は?

皆さんは「シュウソク」という言葉に使われる漢字を正しく理解しているでしょうか?

今回の同音異義語シリーズでは、『収束』と『終息』の違いや意味、使い分け方について解説していきます。

『収束』とは

意味

『収束』の意味

おさまりがつくこと。

由来




おさめる。一ヶ所にまとめる。一つにまとめる。

たば。たばねたもの。ひとつにまとめたもの。また、それを数えることば。


解説

『収束』は、分裂や混乱などの出来事が完全に終わったわけではないものの、ひとまずは落ち着きを取り戻したときに使われる表現です。

例として感染症を挙げてみましょう。

一時期は症状に感染する者が爆発的に増えたものの、少し時間が経過して感染者数が減少したときには『収束』という表現が使われます。

例文

例文

  • 国民は事態の収束を望んでいる。
  • 問題の収束に向けて取り組む。
  • 彼らが無事に帰国したことにより事件は一応の収束を見た。

『終息』とは

意味

『終息』の意味

物事が終わって、やむこと。

由来




おわる。おわり。おえる。おしまいにする。すませる。最後。果て。

やむ。やめる。終わる。途絶える。


解説

『終息』は、一つの出来事が完全に終わりを迎えたときに使われる表現です。

先ほどのように、感染症を例に挙げてみましょう。

ワクチンなどの治療法が開発され、感染症に怯えたり、苦しんだりする必要が一切無くなったときには、『終息』という表現が当てはまります。

例文

例文

  • 第二次世界大戦が終息して、今や長い時間が経過した。
  • ブームは終息を迎えたものの、その衝撃は人々の心に残り続けるだろう。
  • 二人の関係は終息し、今では連絡も取っていないという。

まとめ

いかがでしたか?

『収束』と『終息』のポイントをおさらいすると、以下のようになります。




(ひとまずは)おさまりがつくこと。

物事が終わって、やむこと。



「完璧!」という方は以下のバナーもクリックしていただけると励みになります!

ブログランキング・にほんブログ村へ

-同音異義語

© 2021 LANGUE(ラング)