同音異義語

『計る』『測る』『量る』『図る』『謀る』『諮る』の違い、意味、使い分け方

皆さんは「ハカる」という言葉に使われる漢字を正しく理解しているでしょうか?

今回の同音異義語シリーズでは、『計る』『測る』『量る』『図る』『謀る』『諮る』の違いや意味、使い分け方について解説していきます。

『計る』の意味、使い方

意味

数量を調べること。(時間、程度)

良し悪しの見当をつけること。

計画を立てること。

解説

1つ目の”数量を調べること”は最も一般的な意味の使われ方ですが、『計る』の場合は”時間”や”程度”が対象となります。

「計り知れない」という言葉は”物事の程度が想像できない”という意味であるため、『計る』が使われることになります。

 

2つ目の”良し悪しの見当をつけること”という意味で代表的な言葉は「見計らう」ではないでしょうか。

「見計らう」には、”良いタイミングか、悪いタイミングであるかを見極める”というような意味があります。

 

3つ目の”計画すること”という意味でも、『計る』と表現することはあります。

ただし、この場合の『計る』とは将来的な計画を綿密に立てているわけではなく、単純に一つの計画として考えたり、思いついたりしているだけです。

しっかりとした計画を立てたり、意志を持って行動を起こす場合は『図る』の方が適切であることに注意しましょう。

例文

  • 100メートル走のタイムを計る
  • 一時間で何個の製品が生産できるか計る
  • 今回の損害は計り知れないほどのものだ。
  • タイミングを見計らって、具材を投入する。
  • 1ヶ月後のイベントを開催できるように取り計らっておく。

『測る』の意味、使い方

意味

数量を調べること。(長さ、深さ)

道具を使って測定すること。

推しはかって見当をつけること。

解説

『測る』は”長さ”や”深さ”を調べるときに表現する以外にも、道具を使って何かを測定するときにも表現することができます。

例えば、「100m走のタイムをストップウォッチでハカる」という文章の場合、時間を調べるため『計る』は正しいですが、ストップウォッチを使って調べているため『測る』と表現してもよいのです。

 

3つ目の推しはかって見当をつけること”とは、別の言葉で言い換えれば「予測する」ということです。

相手の力量を予測するために『測る』と表現したり、相手の心情を察することを意味する「推し測る」というように表現することができます。

例文

  • A地点からB地点までの距離を測る
  • 小型の巻き尺を使って長さを測る
  • プロ野球選手の球速を測る
  • 彼の心情を推し測って、今はそっとしておこう。
  • 夢を追いかける想いを、他人が測ることはできない。

『量る』の意味、使い方

意味

数量を調べること。(重さ、容積)

推しはかって見当をつけること。

解説

『量る』の意味は『測る』と近い部分がありますが、調べる数量が”重さ”や”容積”である点は異なるため注意しましょう。

相手の心情を察する「推しはかる」は、「推し量る」と表現しても問題ありません(おそらくこちらの方が多いです)。

例文

  • 天秤を使って左右の重さを量る
  • 計量カップは食品や調味料を量ることができる調理器具だ。
  • ダイエットを始める前に、自分の体重を量っておく。
  • 責任の重さを推し量れば、彼を責められるはずがないことに気付けるだろう。
  • 彼の意を量って、私は真実を語ることに決めた。

『図る』の意味、使い方

意味

ある物事が実現するように計画を立てたり、実現しようとしたりすること。

解説

『図る』とは「意図」や「企図」といった言葉があるように、しっかりと計画を立てたり、意志を持って物事の実現に取り組むことです。

そのため「悪事」や「悪巧み」など、相手を陥れたり、迷惑をかけるような計画を立てる場合には、ほとんど使われません。

ちなみに「利益をはかる」という言葉は、”自分にとって利益となるように計画すること”という意味があるため、「利益を図る」と表現するのが正解です。

便宜べんぎをはかる」という言葉も同様に、”その人の利益となるように計画すること、実現させること”という意味があるため、「便宜を図る」と表現するのが正解です。

政治家などの汚職や不正などをニュースで取り上げる際に「便宜を図る」という言葉が使われ、ネガティブな印象を受けがちですが、実際にはネガティブな意味合いではないことに注意しましょう。

例文

  • 国民の生活の安全を図るため、警察は日々取り組んでいる。
  • エレベーターと歩道橋を設置し、利便性の向上を図る
  • 富士の樹海では、自殺を図ろうとする者が跡を絶たない。
  • 彼らは対等な立場を維持しつつ、互いの利益を図ろうとしている。
  • 利用者の便宜を図り、一部は画像も併せて掲載する。

『謀る』の意味、使い方

意味

他人をだましたり、あざむくこと。

解説

『謀る』と『図る』は”計画する”という意味では似ていますが、『謀る』は、相手を陥れたり、迷惑をかけたりする場合に使われます。

陥れたり、迷惑をかけるものであるかどうかは、計画をした本人の目的によって判断すると分かりやすいかもしれません。

例文

  • VIPの暗殺を謀る
  • 笑いながらも、心の中では復讐を謀ることを強く誓っていた。
  • メンバーは隠し部屋に集まり、謀り事を画策していたようだ。
  • 保険金を目的に、弟は兄の死を謀っていた。
  • 自分が謀られたとは、思いもよらなかった。

『諮る』の意味、使い方

意味

ある問題について他人の意見をきくこと。

解説

『諮る』の意味は”他人の意見をきくこと”ですが、ここでいう”他人”とは個人ではなく組織や機関のような団体が対象となります。

したがって、友人や家族などに意見を求めるときに『諮る』といった表現は使われないことに注意しましょう。

例文

  • この案件を次の会議で諮ることにしよう。
  • 家臣に諮ることもなく、彼は裏切ったのだった。
  • 政府は議会の説得のため、もう一度国会で諮る方針である。

まとめ

いかがでしたか?

『計る』『測る』『量る』『図る』『謀る』『諮る』の意味をおさらいすると、以下のようになります。

『計る』の意味

数量を調べること。(時間、程度)

良し悪しの見当をつけること。

計画を立てること。

『測る』の意味

数量を調べること。(長さ、深さ)

道具を使って測定すること。

推しはかって見当をつけること。

『量る』の意味

数量を調べること。(重さ、容積)

推しはかって見当をつけること。

『図る』の意味

ある物事が実現するように計画を立てたり、実現しようとしたりすること。

『謀る』の意味

他人をだましたり、あざむくこと。

『諮る』の意味

ある問題について他人の意見をきくこと。


「完璧!」という方は以下のバナーもクリックしていただけると励みになります!

ブログランキング・にほんブログ村へ

-同音異義語

© 2021 LANGUE(ラング)