似た言葉

似た言葉

『信用』と『信頼』の違い、意味、使い分け方

早速ですが、皆さんは『信用』と『信頼』の違いを正しく理解できていますか? 今回の似た言葉シリーズでは、この違いについて理解を深めていくことにしましょう。 『信用』の意味・使い方 意味 人の言動や物事を間違いないとして、受け入れること。 間違いないとして受け入れられる、人や物事のもつ価値や評判。 解説 『信用』と『信頼』を使い分ける上で最も重要なのは、『信用』は”過去”を意味しているということです。 『信用』とは、過去の実績や成果に基づいて、信じられると判断し、「受け入れること」なのです。 例文 嘘ばかりつ ...

似た言葉

『残念』と『無念』の違い、意味、使い分け方

早速ですが、皆さんは『残念』と『無念むねん』の違いを正しく理解できていますか? 今回の似た言葉シリーズでは、この違いについて理解を深めていくことにしましょう。 『残念』の意味、使い方 意味 期待通りにいかなくて満足できず、心残りがすること。 悔しく思うこと。 解説 「〇〇を望んでいたけど、叶わなかった」「〇〇をしたかったけど、できなかった」のように、”自分が何かしらの期待や希望を持っていたものの、その通りにいかなかった”ときに『残念』と使われます。 また、”悔しく思うこと”という意味は『無念』にもあります ...

似た言葉

『使用』『利用』『活用』の違い、意味、使い分け方は?

早速ですが、皆さんは『使用』『利用』『活用』の違いを正しく理解できていますか? 今回の似た言葉シリーズでは、この違いについて理解を深めていくことにしましょう。 『使用』とは 意味 『使用』の意味 人や物を使うこと。 由来 使用 つかう。もちいる。働かせる。 もちいる。使う。役立たせる。行う。治める。聞き入れる。 解説 『使用』は、あるものを”本来”の用途として使ったり、目的のために使ったりすることを表現するときに使われます。 例として、ボールペンを挙げてみましょう。 ボールペンは何かを書くための道具であり ...

似た言葉

『改革』『変革』『革命』『改善』の違い、意味、使い分け方は?

早速ですが、皆さんは『改革』『変革』『革命』『改善』の違いを正しく理解できていますか? 今回の似た言葉シリーズでは、この違いについて理解を深めていくことにしましょう。 『改革』とは 意味 『改革』の意味 基盤は維持しつつ、社会制度や機構・組織などをあらため変えること。 由来 改革 あらためる。やめて新しくする。よくなるように直す。 あらたまる。あらためる。新しくする。 解説 『改革』と表現する上で特に注意したいのが、”基盤を維持しつつ”という部分です。 良い部分は残して、悪い部分に変化を働きかけるというこ ...

似た言葉

『少なくとも』と『少なからず』の違い、意味、使い分け方は?

早速ですが、皆さんは『少なくとも』と『少なからず』の違いを正しく理解できていますか? 今回の似た言葉シリーズでは、この違いについて理解を深めていくことにしましょう。 『少なくとも』の意味・使い方 『少なくとも』の意味は、”少なく見積もっても”です。 信頼性の高い最小値を表現する際に使われる言葉であり、「最低でも」「控えめに見ても」のように置き換えることもできます。 例文 少なくとも3人は見かけた。 少なくとも朝8時までには来るようにお願いします。 少なくともこの情報だけは確実だ。 『少なからず』の意味・使 ...

似た言葉

『規定』『規程』『規則』『規約』の違い、意味、使い分け方は?

早速ですが、皆さんは『規定』『規程』『規則』『規約』の違いを正しく理解できていますか? 今回の似た言葉シリーズでは、この違いについて理解を深めていくことにしましょう。 最初に知っておきたいこと 『規定』『規程』『規則』『規約』とは、いずれも別の言葉で言い換えれば「ルール」でまとめることができます。 これらの言葉の違いは、「ルール」がどのようにまとめられているのか…という違いであることを知っておくと、簡単に理解できるようになります。 『規定』の意味・使い方 『規定』の意味は、”物事を一定の形に定めることや、 ...

似た言葉

『混同』と『混合』の違い、意味、使い分け方は?

早速ですが、皆さんは『及び』と『並びに』の違いを正しく理解できていますか? 今回の似た言葉シリーズでは、この違いについて理解を深めていくことにしましょう。 『混同』の意味・使い方 『混同』の意味は、”区別しなければならないものを、同一のものとして扱うこと”です。 本来は「A」として考えなければならないものを、「B」として考えてしまうということですね。 よく耳にする言葉として、「公私混同」という表現があります。 「公私混同」とは”公的”な仕事と”私的”なプライベートを一緒にしてしまうという意味です。 この他 ...

似た言葉

『反応』と『応答』の違い、意味、使い分け方は?

早速ですが、皆さんは『反応』と『応答』の違いを正しく理解できていますか? 今回の似た言葉シリーズでは、この違いについて理解を深めていくことにしましょう。 『反応』の意味・使い方 『反応』の意味は、”突然の出来事に対する直感的な行動”です。 例えば、上司や先生などから突然「そこの君!」と呼ばれて「えっ」となった経験はありませんか? このように行動を起こした人物が直感的、無意識的であった場合に、『反応』という言葉は使われます。 英語で言えば、よく耳にする「reaction(リアクション)」と同義になります。 ...

似た言葉

『儲ける』と『稼ぐ』の違い、意味、使い分け方は?

早速ですが、皆さんは『及び』と『並びに』の違いを正しく理解できていますか? 今回の似た言葉シリーズでは、この違いについて理解を深めていくことにしましょう。 『儲ける』の意味・使い方 『儲ける』の意味はいくつかありますが、ここでは「お金を儲ける」という表現で使われる『儲ける』を解説します。 『儲ける』の意味は、”思いがけない利益で得をすること”です。 いわゆる「Lucky(幸運)」ですね。 基本的に自身の努力を必要とせずに利益を得るため、宝くじや株、ギャンブルなどで利益を得たときに『儲ける』と表現するのが正 ...

似た言葉

『及び』と『並びに』の違い、意味、使い分け方は?

早速ですが、皆さんは『及び』と『並びに』の違いを正しく理解できていますか? 今回の類義語シリーズでは、この違いについて理解を深めていくことにしましょう。 『及び』の意味・使い方 『及び』の意味は、”~と”です。 複数の物事を並べて表現するときに使われ、単純に言ってしまえば英語の「and」と同じ言葉です。 2つの物事を並べるときには「A及びB」と表現し、3つ以上のときは「and」と同様に最後だけに『及び』を使うため、「A、B及びC」と表現するようにしましょう。 例文 国語及び数学の課題を提出してください。 ...

© 2021 LANGUE(ラング)