月別アーカイブ:2020年11月

同音異義語

『想像』と『創造』の違い、意味、使い分け方

皆さんは「ソウゾウ」という言葉に使われる漢字を正しく理解しているでしょうか? 今回の同音異義語シリーズでは、『想像』と『創造』の違いや意味、使い分け方について解説していきます。 『想像』の意味・使い方 意味 頭の中に思い描くこと。 既知の事柄をもとにして推し量ったり,現実にはありえないことを頭の中だけで思ったりすること。 解説 『想像』とは、何かを”頭の中に思い描くこと”です。 何かを思い描いた時点で完結となり、そこから何かを生み出すわけではないことに注意が必要です。 「想像通りの結果」のような場合でも、 ...

似た言葉

『信用』と『信頼』の違い、意味、使い分け方

早速ですが、皆さんは『信用』と『信頼』の違いを正しく理解できていますか? 今回の似た言葉シリーズでは、この違いについて理解を深めていくことにしましょう。 『信用』の意味・使い方 意味 人の言動や物事を間違いないとして、受け入れること。 間違いないとして受け入れられる、人や物事のもつ価値や評判。 解説 『信用』と『信頼』を使い分ける上で最も重要なのは、『信用』は”過去”を意味しているということです。 『信用』とは、過去の実績や成果に基づいて、信じられると判断し、「受け入れること」なのです。 例文 嘘ばかりつ ...

似た言葉

『残念』と『無念』の違い、意味、使い分け方

早速ですが、皆さんは『残念』と『無念むねん』の違いを正しく理解できていますか? 今回の似た言葉シリーズでは、この違いについて理解を深めていくことにしましょう。 『残念』の意味、使い方 意味 期待通りにいかなくて満足できず、心残りがすること。 悔しく思うこと。 解説 「〇〇を望んでいたけど、叶わなかった」「〇〇をしたかったけど、できなかった」のように、”自分が何かしらの期待や希望を持っていたものの、その通りにいかなかった”ときに『残念』と使われます。 また、”悔しく思うこと”という意味は『無念』にもあります ...

© 2021 LANGUE(ラング)